menu1 リサイクル運動で地球を守ろう
リサイクルとは
リサイクル品目
リサイクル品目2
3r
ごみ分別 家電リサイクル 自動車リサイクル リサイクルマーク

HOME  >  自動車リサイクル法

自動車リサイクル法

日本では、1年あたりなんと、中古トラックも含め、約360万台もの車が廃車になっているようです。
車はもともと鉄やアルミ等の金属が多く使われているためリサイクル率は高かったようですね。
車の総重量の約80%もがリサイクルされ、残りの20%をシュレッダーダスト(車の解体・破砕後に残るゴミ)として主に埋立処分されていたようです。 しかし、埋立処分スペースが残りわずかとなり、埋立処分費用の高騰などの原因によって、不法投棄や不適正処理が心配され、 また、カーエアコンの冷媒に利用されているフロン類がきちんと処理されないとオゾン層破壊や地球温暖化問題を引き起こすこと、車をリサイクルするにあたり、爆発性のあるエアバッグ類を安全に処理するには専門的な技術が必要とされることも問題となっており、それらの問題を解決するために「自動車リサイクル法」が2005年1月からスタートしたようです。

この「自動車リサイクル法」では、 自動車メーカー・輸入業者に、シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類の引取・リサイクルを義務づけていて、 その処理費用は、リサイクル料金として、車の所有者が負担することになっています。 このリサイクル料金は、廃車になるまで、資金管理法人(本財団/自動車リサイクル促進センター)が預かり、その厳格な管理を行なっています。 また、関連事業者等における廃車のリサイクルの実施状況等については情報管理センター(本財団/自動車リサイクル促進センター)が的確に把握・管理することになっています。


 

では、そのリサイクル料金はいくらなんでしょうか?

リサイクル料金は、車種、エアバッグ類の個数、エアコンの有無等により、自動車メーカー・輸入業者が一台毎に設定しており、およそ6,000~18,000円だそうです。あくまでも一般的な金額で、車両によってはこれ以上かかる場合もあるそうです。

その料金は、廃車から出たシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類を自動車メーカー・輸入業者が引き取ってリサイクル・適正処理するために使われるようです。

それに加えて、料金の一部は廃車処理の情報管理(情報管理料金)や、リサイクル料金の管理(資金管理料金)にも使われているそうです。

リサイクル料金の支払いですが、基本的には「新車購入時」に支払うそうです。リサイクル料金を支払うとリサイクル券(預託証明書)が発行されるようです。

リサイクル券サンプル

中古車として売ったときのリサイクル料金

中古車を売った場合には、リサイクル券を次の所有者に渡すとともに、車両価値金額+リサイクル料金を受け取ります。 なお、リサイクル料金の内、資金管理料金だけは支払った時点から資金(リサイクル料金)の管理が始まるので、リサイクル料金を最初に支払った所有者の負担となります。

 


知っていましたか?自動車重量税の還付

使用済自動車の不法投棄の防止及びリサイクル促進という観点から、自動車検査証の有効期間内に使用済みとなり、使用済自動車の再資源化等に関する法律(自動車リサイクル法)に基づいて適正に解体された自動車について還付措置が設けられたそうです。
 廃車にする際、車検の有効期間が残っていれば、その期間に応じて『自動車重量税の還付』を受けられるようです。 申請は、運輸支局などにおいて、永久抹消登録などの申請と同時に行います。 残存期間を計算する際の起算日は、引取業者の引取報告の翌営業日と一時抹消登録日のどちらか遅い方で、一時抹消登録をしていない場合は永久抹消登録日になります。 詳しくは国税庁のホームページに掲載されています。

 

車のリサイクルと環境問題

車のリサイクルが進めばごみが減り、大切な資源がムダになりません。
また、処理料金の確保、およびリサイクルルートの確立により、車の不法投棄も減ります。
わたしたちの環境を守るために車が正しくリサイクルされることが重要です。

おすすめWEBサイト 5選

北海道で収益不動産!不動産投資・収益物件相談におすすめの会社5選

Last update:2018/10/24